保険のあれこれ

保険選びに失敗したくない人へ!保険選びに満足している人の3つの共通点

サクラちゃん
サクラちゃん
友だちが「保険にはいりたいけど、失敗したくないっ」てウダウダしてるんですよー。
タカシくん
タカシくん
あー、気持ちわかります。
サクラちゃん
サクラちゃん
いいアドバイスしてあげたいんですけど、どうしたらいいですかね?
うさこ先生
うさこ先生
そうですね。
せっかく保険に入るなら、納得して入りたいですね。
実は、保険選びがうまくいく人には共通点があるんです。
保険選びに失敗したくない人はぜひ参考にしてください!

保険に入ろうと思って相談に行ったけれど、よくわからなくて結局保険に入らなかった。。。

契約はしたけど、本当にこの保険でいいのかモヤモヤしている。。。

保険に入りたいけど、失敗したくなくて二の足をふんでいる。。。

そんな経験ありませんか?

実は、自分の入っている保険に納得している、満足している人には共通点があるんです。

今回は、納得できる保険選びのポイントをお教えします。

保険選びに失敗したくない人必見です!

自分の希望を伝えられる

「自分の入っている保険に納得している人」の共通点は、まず自分の希望をしっかりもっています。

「医療保険に入りたい。ガン家系なのでガンにかかったときの備えを考えている」

「結婚してないから死亡保険はいらない。でも、病気にかかったときの備えはしたい」

「子どもが小さいうちだけ、死亡保障を考えている」

「老後に備えて、今もっているお金を少しでも増やしたい」

などなど。

ものすごく詳細でなくても大丈夫。

ざっくりとでも希望を伝えることが大切です。

ちょっと保険からはなれますが、、、

新しい美容院に行ったときを想像してみてください。

美容師さんは、あなたのことを何も知りません。

「髪は長い方が好きなのか?短い方が好きなのか?」

「パーマはかける?それともストレート?」

「何か髪の悩みはあるの?」

それなのに、あなたが「全部お任せします」なんて言ったら美容師さんも困ってしまいますよね?

あなたが満足する髪型になる可能性は低いでしょう。

せめて、「気分を変えたいから、肩くらいまで切ってほしい。すぐ髪がぺシャってなるのが嫌なのでパーマもかけたいです」くらいは希望を伝えますよね。

そうすれば、美容師さんも「あなたの髪質だとこっちのパーマの方がオススメですよ。顔の形がいいので前髪を作っても似合うと思いますよ。」なんて提案してくれるでしょう。

あなたが満足な髪型を手に入れる可能性がグンっと上がりますね。

保険選びも同じです。

あなたが入りたいのは、医療保険?それとも死亡保険?

保障は一生必要?それとも期間限定でもOK?

月々払う保険料はいくらぐらいまでなら大丈夫?

特に気になっていることはある?

あなたの希望をきちんと伝えれば、担当の方もあなたにピッタリの商品を提案しやすくなります。

納得して保険に入るために、「自分の希望ってどんなことだろう?」と、相談前に考えてみましょう!

どんどん質問する

「自分の入っている保険に納得している人」は、質問が上手です。

「もし、入院日額を2000円アップさせたら、月々の支払いはどのくらい増えますか?」

「そもそも定期保険と終身保険の違いがよくわからないんですけど、何が違うんですか?」

「ネットで調べたら、〇〇生命と△△生命の評判がよかったんですけど、実際のところどうなんですか?」

などなど。

気になることはどんどん質問してきます。

「こんなことを聞いたら恥ずかしいかな・・・」

「さっきの説明よくわからなかったけど、もう一度聞くのも悪いかな・・・」

納得できる保険選びにえんりょは無用です!

ささいなことでも質問しちゃいましょう。

特に、次の3点は要チェックです。

・毎月の保険料について
→ 支払いはいつまで?毎月払っていける金額?

・保険の保障内容について
→ 主契約、特約の内容は理解できた?

・保険の保障期間について
→ 一生保証される?それとも期間限定?

保障内容については、理解が難しいことも多いかもしれません。

保険の担当者は当たり前のように専門用語をつかってしまいがちですから。

わからないことがあれば、あなたの方から積極的に質問してみてください。

担当者も「あ、今の説明だと難しすぎたのか、、、」と言い方を工夫してくれるでしょう。

担当者とコミュニケーションがとれるようになれば、納得できる保険選びは目の前ですよ!

少しだけ保険の勉強をしてくる

「自分の入っている保険に納得している人」は、相談前に自分でも保険の勉強をしてきます。

「勉強」と聞くと、「ゲッ!勉強なんてイヤだよ」と思うかもしれません。

サクラちゃん
サクラちゃん
思う!思う!

 

でも、難しく考えなくて大丈夫。

ちょっとだけ、雑誌に目を通してみたり、ネットで検索してみたりするだけです。

保険の説明をするとき、どうしても専門用語がたくさんでてきます。

担当者もできるだけ簡単な言葉をつかうよう気をつけますが、専門用語を全くつかわずに説明するのは難しいでしょう。

まずは、軽い気持ちでネットをのぞいてみてください。

最初は聞きなれない専門用語もなんとなくイメージがつかめたら充分です。

あとは、担当者に質問しながら相談しましょう。

きっと今までよりもスムーズに説明が理解できるはずですよ。

こちらの記事も予習にオススメです。

まとめ

いかがでしたか?

うさこの周りで、保険選びに成功している人たちの共通点をまとめてみました。

これから保険相談をしようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!